トップ > すべての商品 > ブルーベリーパイ [お届け希望日必須] [常温便]

ブルーベリーパイ [お届け希望日必須] [常温便]

ブルーベリーパイ [お届け希望日必須] [常温便] ブルーベリーパイ [お届け希望日必須] [常温便] ブルーベリーパイ [お届け希望日必須] [常温便] ブルーベリーパイ [お届け希望日必須] [常温便]
ブルーベリーパイ [お届け希望日必須] [常温便] ブルーベリーパイ [お届け希望日必須] [常温便] ブルーベリーパイ [お届け希望日必須] [常温便] ブルーベリーパイ [お届け希望日必須] [常温便]

画像はイメージです。

【重要】
ご注文の際は下記に記載しております注意事項をよくご確認のうえ、ご注文ください。
ご注文後の変更・お取消しは原則お受け出来ません。


ピューレと共に煮詰めたブルーベリーがサクサクのパイ生地と良く合い、さわやかな風味に仕上がっています。
千疋屋総本店の最高級ジャム「収穫の恵み プレミアムジャム」の原材料をもとに、カナダ産のブルーベリーとアメリカ産のドライワイルドブルーベリーをふんだんに使用した自家製のブルーベリーソースが魅力の一品です。
お好みで電子レンジまたはオーブントースターで温めますと、より美味しくお召し上がり頂けます。
 

商品番号:
1689-33x
価格:
3,564 円(税込)
ショップポイント:
33pt
数量:
個 
■お届け日(選択項目からとなります。決済画面のお届け日はご対応致しかねます。) ■注意事項
決済画面のお届け日はご指定致しかねます。
かごに入れる

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
商品詳細
■本商品は数量限定・完全受注生産品でございます。
お届け日を決めましてからお作り致しますので、お届け日を必ずご選択の上、ご注文ください。
1日の限定数に達した場合は、ご注文の受付を終了いたします。

■東京より翌々日配達地域までに限らせて頂きます。
一部離島へのお届けはお承りできません。
一部の地域はお届け時間帯のご指定をお承り出来ません。
お届け日が違う商品を複数ご購入の場合は、送料が複数件分となります。 ご注文確定後に正しい金額をメールにてご案内しておりますのでそちらをご確認ください。

■一部原料に小麦、乳、卵、大豆、アーモンドを含みます。

■消費期限は、ご指定頂いているお届け日の4日後となります。

■お届け希望日・時間帯は確約ではございません。天候・交通状況・物量によってお届けがずれることもございます。
発送完了後、発送メールにて伝票番号をご連絡しておりますので、ご心配な場合は直接ヤマト運輸に当日ご連絡ください。


ブルーベリーパイ 5号(直径約15cm)
■専用箱入
■箱サイズ 約18.4x18.4xh6.1cm
■重さ    約280g
 
商品名 ブルーベリーパイ 5号(直径約15cm)
名称 洋菓子
内容量 1個
保存方法 直射日光・高温多湿を避けて涼しいところで保存してください。
開封後はお早めにお召し上がりください。
原材料 タルト生地(小麦粉、マーガリン、バター、卵、砂糖、塩)(国内製造)、ブルーベリージャム、ブルーベリー、パイ生地(小麦粉、バター、塩、イースト、小麦たんぱく、小麦麦芽粉)、鶏卵、バター、粉糖、アーモンドプードル、ドライワイルドブルーベリー、レモン果汁、洋酒、コーンスターチ、小麦粉、コーヒーエキス / 酸味料、香料、乳化剤、着色料(カロテン)、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・アーモンドを含む)
消費期限 製造日より6日
その他 ●商品内容の変更はお承り出来ません。
●お届けは東京より翌々日配達地域までに限らせて頂きます。
※一部離島へのお届けはお承り出来ません。
※一部の地域はお届け時間帯のご指定はお承り出来ません。
●商品画像はイメージです。
●箱サイズ・パッケージは予告なく変更となる場合がございます。
※ジャムに洋酒を含みますが、加熱されておりアルコール成分は1%未満となっております。
販売者 東京都中央区日本橋室町2-4-1
株式会社千疋屋総本店
製造所 東京都江東区新木場1-2-10
株式会社デーメテール千疋屋


[ブルーベリーパイ] 栄養成分表示 1個当り 推定値
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
908kcal 12.5g 50.9g 101.9g 1.1g

この商品についてのお客様レビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

この商品をご覧の方へのおすすめ

お手紙・メッセージについて

1834年(天保5年)、武蔵国埼玉郡千疋の郷(現・埼玉県越谷市)の侍であった初代・大島弁蔵が江戸・葺屋町(現・日本橋人形町3丁目)に「水菓子安うり処」の看板を掲げ、果物と野菜類を商う店を構えました。
天候不順や飢餓で厳しい時代の中、創業者の「人々の生活を心から豊かにしていきたい。江戸の人々に果物で喜んでいただきたい」という想いから千疋屋総本店の歩みは始まりました。
1867年(慶応3年)には日本橋本町(室町)に店を移し、日本初の果物専門店に。
長い歴史の中では徳川御用達商を務め、西郷隆盛もよくスイカを買いに来たという逸話が残っています。
(左)初代・大島弁蔵が店を構えた江戸・葺屋町の親父橋のたもとの様子。「疋」の字を丸で囲んだ丸疋マークが暖簾に描かれ、店内にはたくさんの果物が並んでいます。


一番上へ