トップ > お菓子 > ヴィーガン&グルテンフリークッキー 詰合

ヴィーガン&グルテンフリークッキー 詰合

ヴィーガン&グルテンフリークッキー 詰合 ヴィーガン&グルテンフリークッキー 詰合
ヴィーガン&グルテンフリークッキー 詰合 ヴィーガン&グルテンフリークッキー 詰合

画像はイメージです。

世界中で様々な考え方の中からヴィーガンやグルテンフリーを選ぶ人が増えております。
果物をもっと食べてほしい、果物をもっと身近にと日々願っている日本橋 千疋屋総本店もヴィーガン・グルテンフリークッキーを作りました。
これからの時代に向けて、あらゆる食の志向を持った人々が同じお菓子を手に取り語り合えると嬉しく思います。
 
ヴィーガンとは
徹底した菜食主義(あるいは菜食主義者)のことで、「完全菜食主義者」と訳されることもあります。
肉や魚に加えて、卵・乳製品などの動物由来の食材を摂取しないという特徴があります。
可能な限り、食べ物・衣服・その他の目的のために動物の命を搾取しないようにする考え方です。

グルテンフリーとは
グルテンを含む食品を摂取しない食生活のことです。
グルテンは小麦粉に含まれるグルテニンとグリアジンという2種類のたんぱく質が絡み合ってできたものです。


詰合
フルーツクッキー、フロランタン、オレンジ、抹茶、ラズベリーの5種類を詰合せた豪華なアソートセットです。彩りも美しいラズベリーは詰合のみでお買い求めいただける特別なクッキーとなります。

【ご確認事項】
■【ギフト包装・お熨斗】に対応しておりません。
備考欄にて「お熨斗の指定」があった場合でも、お承り致しかねます。

商品番号:
1924-35x
価格:
3,780 円(税込)
ショップポイント:
35pt
数量:
個 
のし・包装

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
商品詳細
ヴィーガン&グルテンフリークッキー 詰合
商品名 ヴィーガン&グルテンフリークッキー 詰合
名称 焼菓子
原材料 アーモンドパウダー(アメリカ製造)、米粉、甜菜糖、こめ油、片栗粉、有機豆乳、有機メープルシロップ、アーモンド、ラムレーズン(レーズン、甜菜糖、洋酒)、オレンジジャム(甜菜糖、オレンジ、レモン果汁)、オレンジピール(オレンジ、甜菜糖、レモン果汁)、ココナッツミルク、ラズベリージャム(ラズベリー、甜菜糖、レモン果汁、洋酒)、いちじくジャム(いちじく、甜菜糖)、洋酒、ラズベリーパウダー(フリーズドライフランボワーズ、甜菜糖)、抹茶、オレンジ、海塩/バニラ香料、ベーキングパウダー、(一部にアーモンド・オレンジ・大豆を含む)
内容量 165g
賞味期限 製造日より45日
※製造の都合上、お届けのお品は表記より短くなります。予めご了承ください。
保存方法 常温保存
※直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
※開封後は早めにお召し上がりください。
その他 商品内容変更不可
箱サイズ・パッケージは予告なく変更する場合がございます。
商品画像はイメージです。
風味付けのために「洋酒」を使用しています。
製造過程で加熱されておりアルコール成分は残っておりませんが、お気持ちの問題、お届け先のご家庭状況等もございますので、ギフトとしてご利用される場合はお客様でご判断下さい。
販売者 東京都中央区日本橋室町2-4-1
株式会社千疋屋総本店
製造者 東京都渋谷区代官山町12-16-103 premium SOW
株式会社内田バイオ事業所

[ヴィーガン&グルテンフリークッキー 詰合] 栄養成分表示(1缶当たり) 推定値
種類 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
フルーツ
クッキー
195kcal 3.5g 10.7g 21.1g 0.06g
フロランタン 227kcal 5.6g 11.9g 24.6g 0.09g
ラズベリー 151kcal 2.5g 8.5g 16.0g 0.03g
オレンジ 166kcal 2.8g 8.5g 19.6g 0.04g
抹茶 131kcal 2.6g 7.5g 13.3g 0.03g

この商品についてのお客様レビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

この商品をご覧の方へのおすすめ

お手紙・メッセージについて

1834年(天保5年)、武蔵国埼玉郡千疋の郷(現・埼玉県越谷市)の侍であった初代・大島弁蔵が江戸・葺屋町(現・日本橋人形町3丁目)に「水菓子安うり処」の看板を掲げ、果物と野菜類を商う店を構えました。
天候不順や飢餓で厳しい時代の中、創業者の「人々の生活を心から豊かにしていきたい。江戸の人々に果物で喜んでいただきたい」という想いから千疋屋総本店の歩みは始まりました。
1867年(慶応3年)には日本橋本町(室町)に店を移し、日本初の果物専門店に。
長い歴史の中では徳川御用達商を務め、西郷隆盛もよくスイカを買いに来たという逸話が残っています。
(左)初代・大島弁蔵が店を構えた江戸・葺屋町の親父橋のたもとの様子。「疋」の字を丸で囲んだ丸疋マークが暖簾に描かれ、店内にはたくさんの果物が並んでいます。


一番上へ