トップ > すべての商品 > マンゴーカレー・パイナップルハッシュドビーフ詰合 各4個入

マンゴーカレー・パイナップルハッシュドビーフ詰合 各4個入

マンゴーカレー・パイナップルハッシュドビーフ詰合 各4個入 マンゴーカレー・パイナップルハッシュドビーフ詰合 各4個入 マンゴーカレー・パイナップルハッシュドビーフ詰合 各4個入
マンゴーカレー・パイナップルハッシュドビーフ詰合 各4個入 マンゴーカレー・パイナップルハッシュドビーフ詰合 各4個入 マンゴーカレー・パイナップルハッシュドビーフ詰合 各4個入

画像はイメージです。

千疋屋総本店 レストラン「デーメテール」で提供されている味を、ご家庭で気軽にお楽しみ頂けるレトルトセットです。 不動の人気を誇るマンゴーカレー、爽やかな酸味がアクセントのパイナップルハッシュドビーフ。千疋屋ならではのフルーティーなグルメセットです。

商品番号:
0124-57x
価格:
6,156 円(税込)
ショップポイント:
57pt
数量:
個 
かごに入れる

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • マンゴーカレー

    厳選された新鮮なポークとたまねぎを赤ワインでじっくり煮込んだ本格的なカレーに、マンゴーでアクセントをつけました。千疋屋ならではのトロピカルテイストいっぱいのフルーティカレーをお楽しみ下さい。

  • パイナップルハッシュドビーフ

    時間をかけ丹念に作ったソースにパイナップルのさわやかな甘味と酸味をプラス。じっくり旨味を出した牛肉とたまねぎ、パイナップルの奏でる香り豊かなハーモニーをどうぞ。

商品詳細
マンゴーカレー・パイナップルハッシュドビーフ詰合(各4個入)
  • ■化粧箱入
  • ■箱サイズ 約 31 × 23 × h11cm
  • ■重さ   約 2465g

※重さは化粧箱・梱包材等を含む総重量です。

商品名 マンゴーカレー、パイナップルハッシュドビーフ
名称 カレー、ハヤシ
原材料 マンゴーカレー:豚肉(デンマーク)、ソテーオニオン、カレールウ、マンゴー、チャツネ、マンゴーシラップ、トマトケチャップ、マーガリン、赤ワイン、ブイヨン、砂糖、カレー粉/調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、カロチノイド)、酸味料、香料、香辛料抽出物、(一部に小麦・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)
パイナップルハッシュドビーフ: チキンエキス(国内製造)、牛肉、玉葱、ハヤシルウ、パインアップルシラップづけ、赤ワイン、トマトケチャップ、バター、小麦粉、ラード、砂糖、チキンブイヨンパウダー、食塩/着色料(カラメル)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉を含む)
殺菌方法 気密性容器に密封し、加圧加熱殺菌
内容量 マンゴーカレー、パイナップルハッシュドビーフ 各4個 (1個あたり:210g)
賞味期限 製造日より約2年
※製造の都合上、お届けのお品は表記より短くなります。予めご了承ください。
保存方法 常温保存
※直射日光・高温多湿を避け常温で保存して下さい。
お召し上がり方 ●お湯で温める場合: 中袋(レトルトパウチ)の封を切らずに、そのまま熱湯に入れ、5〜7分間沸騰させてから、封を切りお皿等に移してお召し上がり下さい。
●電子レンジで温める場合: 電子レンジをご使用の際には、必ず中身を他の容器に移し、ラップをかけて温めて下さい。(中袋のフィルム層中には金属箔も使用されていますので、中袋のままでは電子レンジが使えません)加熱時間は機種・W(ワット)数によって異なりますので、電子レンジの説明書を参考にして下さい。目安時間は500Wの場合、約2分です。
ご注意 加熱後の開封、盛り付けの際は、中身が高温になっていますので十分注意して下さい。
開封後は、常温で保存ができませんので、必ず使いきって下さい。
電子レンジで温めた場合、熱くなった具やソースがはねることがありますので、ラップを取る際にはご注意ください。
その他 商品内容変更不可
箱サイズ・パッケージは予告なく変更する場合がございます。
商品画像はイメージです。
販売者 東京都中央区日本橋室町2-4-1
株式会社千疋屋総本店
製造者 佐賀県唐津市中瀬通1番18
宮島醤油株式会社 妙見工場

この商品についてのお客様レビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

お手紙・メッセージについて

1834年(天保5年)、武蔵国埼玉郡千疋の郷(現・埼玉県越谷市)の侍であった初代・大島弁蔵が江戸・葺屋町(現・日本橋人形町3丁目)に「水菓子安うり処」の看板を掲げ、果物と野菜類を商う店を構えました。
天候不順や飢餓で厳しい時代の中、創業者の「人々の生活を心から豊かにしていきたい。江戸の人々に果物で喜んでいただきたい」という想いから千疋屋総本店の歩みは始まりました。
1867年(慶応3年)には日本橋本町(室町)に店を移し、日本初の果物専門店に。
長い歴史の中では徳川御用達商を務め、西郷隆盛もよくスイカを買いに来たという逸話が残っています。
(左)初代・大島弁蔵が店を構えた江戸・葺屋町の親父橋のたもとの様子。「疋」の字を丸で囲んだ丸疋マークが暖簾に描かれ、店内にはたくさんの果物が並んでいます。


一番上へ