トップ > 開業190周年記念 > 【送料込・公式オンラインストア・本店限定】190周年 グロッサリー頒布会(3ヶ月) (19,000円x3回)

【送料込・公式オンラインストア・本店限定】190周年 グロッサリー頒布会(3ヶ月) (19,000円x3回)

【送料込・公式オンラインストア・本店限定】190周年 グロッサリー頒布会(3ヶ月) (19,000円x3回) 【送料込・公式オンラインストア・本店限定】190周年 グロッサリー頒布会(3ヶ月) (19,000円x3回) 【送料込・公式オンラインストア・本店限定】190周年 グロッサリー頒布会(3ヶ月) (19,000円x3回) 【送料込・公式オンラインストア・本店限定】190周年 グロッサリー頒布会(3ヶ月) (19,000円x3回)
【送料込・公式オンラインストア・本店限定】190周年 グロッサリー頒布会(3ヶ月) (19,000円x3回) 【送料込・公式オンラインストア・本店限定】190周年 グロッサリー頒布会(3ヶ月) (19,000円x3回) 【送料込・公式オンラインストア・本店限定】190周年 グロッサリー頒布会(3ヶ月) (19,000円x3回) 【送料込・公式オンラインストア・本店限定】190周年 グロッサリー頒布会(3ヶ月) (19,000円x3回)

画像はイメージです。

■販売受付期間
2024年4月1日(月)〜4月30日(火)
限定数に達した時点で受付終了とさせていただきます。
予めご了承ください。


■こちらのお品は公式オンラインストア・本店のみの期間限定商品でございます。その他の店頭での販売・受付は行っておりません。
期間外の配送はお承り致しておりません。
また、特別商品のため、「のし紙・名入れ」「お手提げ袋同梱」「メッセージ同梱」には対応しておりません。
予め、ご了承下さい。

千疋屋総本店ではフルーツ専門店ならではのこだわりの製法で果実本来の味わいを 損なうことなくデザートやジュース、菓子などに形を変えてご提供しております。人気のグロッサリー商品をお得にお楽しみいただける3ヶ月間限定の頒布会をご用意いたしました。この機会にぜひお試しください。

各月中旬より順次出荷いたします。
※一月毎のお申し込みは承り出来かねます。
※ご配送のみの承りとさせていただきます。
ご進物体裁は出来かねます。

商品番号:
1181-19M
価格:
57,000 円(税込)
ショップポイント:
503pt
数量:
個 
■のし・手提げ袋・メッセージ同梱 ■各月中旬より順次発送
クレジットカード決済・銀行振込のみ対応。
かごに入れる

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
商品詳細
190周年 グロッサリー頒布会(3ヶ月) (19,000円x3回)

※商品内容は変更出来ません。

詰合せ内容
5月 ・収穫の恵プレミアムフルーツジュース(りんご) 1本
・収穫の恵 プレミアムジェリー(黄金桃・白桃・ル レクチエ) 各1個
・フルートジェリー9本入
・トリプルセレクション21個入
6月 ・果汁100%ジュース(うんしゅうみかん・アルフォンソマンゴー) 各1本
・マンゴーカレー 2個
・パイナップルハッシュドビーフ 2個
・スパイシーココナッツカレー 2個
・トゥッティフルッティ フルーツミックス 1個
・フルーツポンチ(プレーン) 2瓶
・フルーツデザート(白桃・黄金桃・ラ・フランス・ピオーネ) 各1瓶
7月 ・ピュアフルーツジェリー
(さくらんぼ・白桃・伊予柑・ピオーネ・りんご・ラ・フランス・シャインマスカット) 各2個
・収穫の恵み プレミアムジャム(苺・ブルーベリー・白桃・ネーブルオレンジマーマレード) 各1瓶
・ストレートジュース(ぶどう・みかん・りんご) 各3本
その他 ・商品詳細は、各商品ページをご確認下さいませ。
・詰合せ内容変更不可
・商品画像はイメージです。
・パッケージサイズ、デザインは予告なく変わることがございます。
販売者 東京都中央区日本橋室町2-4-1
株式会社千疋屋総本店

この商品についてのお客様レビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

この商品をご覧の方へのおすすめ

お手紙・メッセージについて

1834年(天保5年)、武蔵国埼玉郡千疋の郷(現・埼玉県越谷市)の侍であった初代・大島弁蔵が江戸・葺屋町(現・日本橋人形町3丁目)に「水菓子安うり処」の看板を掲げ、果物と野菜類を商う店を構えました。
天候不順や飢餓で厳しい時代の中、創業者の「人々の生活を心から豊かにしていきたい。江戸の人々に果物で喜んでいただきたい」という想いから千疋屋総本店の歩みは始まりました。
1867年(慶応3年)には日本橋本町(室町)に店を移し、日本初の果物専門店に。
長い歴史の中では徳川御用達商を務め、西郷隆盛もよくスイカを買いに来たという逸話が残っています。
(左)初代・大島弁蔵が店を構えた江戸・葺屋町の親父橋のたもとの様子。「疋」の字を丸で囲んだ丸疋マークが暖簾に描かれ、店内にはたくさんの果物が並んでいます。


一番上へ