トップ > マスクメロン > 【数量限定】マスクメロン・生ハム詰合せ

【数量限定】マスクメロン・生ハム詰合せ

【数量限定】マスクメロン・生ハム詰合せ 【数量限定】マスクメロン・生ハム詰合せ
【数量限定】マスクメロン・生ハム詰合せ 【数量限定】マスクメロン・生ハム詰合せ

画像はイメージです。

一茎一果の栽培方法で丁寧に丁寧に育てられた、千疋屋の代名詞と言えるマスクメロンと、フランス産の無添加生ハムを詰合せました。

ジャンボンセック(生ハム)
「ジャンボンセック」とは130日以上熟成された生ハムのみにつけられる名前です。
今回は、9か月熟成したフランス産の無添加生ハムをご用意いたしました。しっとりと滑らかな食感で、プロシュートが好きな方にもおすすめです。
スライスとスライスの間にはシートを入れ、一枚一枚取りやすくなっております。

≪価格改定のお知らせ≫
※市場価格の高騰のため、2020年4月1日(水)以降のご注文分よりマスクメロンの価格を改定致します。
約1.3kgと約1.4kgのマスクメロンが対象となります。何卒諸般の事情をご賢察の上、ご了承賜りますようお願い申し上げます。
約1.3kg 1個
 改定前 12,960円(税込) 改定後 16,200円(税込)
約1.4kg 1個
 改定前 16,200円(税込) 改定後 19,440円(税込)

・マスクメロンはお届け後、追熟が必要な果物です。食べ頃のお品は柔らかく、割れる恐れがあるため配送は承っておりません。食べ頃は同梱しております「食べ頃カード」をご確認下さい。
・お届けは東京より翌々日配達地域までに限ります。品質の保証が致しかねるため、離島などお届けに日にちがかかる地域はお断りすることもございます。

・ジャンボンセックは持ち歩きに不向きなお品のため、お手提げ袋はお付けしておりません。予めご了承ください。

商品番号:
0899-177x
価格:
19,440 円(税込)
ショップポイント:
180pt
数量:
個 
■内容 ■注意事項

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
商品詳細
マスクメロン1個(約1.3kg)、ジャンボンセック 3パック

■化粧箱入
■箱サイズ 約 35 x 16 x 16cm
商品名 マスクメロン、ジャンボンセック
名称 果物、ラックスハム(スライス)
産地 マスクメロン:静岡県
原産国 ジャンボンセック:フランス
原材料 ジャンボンセック:豚もも肉、食塩
内容量 マスクメロン:1.3
ジャンボンセック:3パック(1パックあたり:3枚 内容量33g)
賞味期限 マスクメロン:食べ頃カードをご参照下さい。
ジャンボンセック:2024年2月17日
保存方法 マスクメロン:常温保存
ジャンボンセック:要冷蔵
10℃以下で保存して下さい。
※必ず冷蔵庫に保管して下さい。開封後は、なるべく早くお召し上がり下さい。
その他 ・詰合せ内容変更不可
・商品画像はイメージです。
・パッケージサイズ、デザインは予告なく変わることがございます。

[マスクメロン]
お届けは東京より翌々日配達地域までに限ります。品質の保証が致しかねるため、離島などお届けに日にちがかかる地域はお断りすることもございます。
お届け後、追熟が必要な果物です。食べ頃のお品は柔らかく、割れる恐れがあるため配送は承っておりません。食べ頃は同梱しております「食べ頃カード」をご確認下さい。

[ジャンボンセック]
ハムの熟成中に生成されるアミノ酸の結晶体が表面に見られる事がありますが、これは肉自体の持つ旨味成分ですので、ご安心してお召し上がり下さい。
販売者 株式会社千疋屋総本店
東京都中央区日本橋室町2-4-1
加工所 ジャンボンセック
株式会社サイトウミート
神奈川県平塚市寺田縄235

[ジャンボンセック] 栄養成分表示 100g当り 推定値
エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
196kcal 28.0g 9.0g 1.0g 5.4g

この商品についてのお客様レビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

この商品をご覧の方へのおすすめ

お手紙・メッセージについて

1834年(天保5年)、武蔵国埼玉郡千疋の郷(現・埼玉県越谷市)の侍であった初代・大島弁蔵が江戸・葺屋町(現・日本橋人形町3丁目)に「水菓子安うり処」の看板を掲げ、果物と野菜類を商う店を構えました。
天候不順や飢餓で厳しい時代の中、創業者の「人々の生活を心から豊かにしていきたい。江戸の人々に果物で喜んでいただきたい」という想いから千疋屋総本店の歩みは始まりました。
1867年(慶応3年)には日本橋本町(室町)に店を移し、日本初の果物専門店に。
長い歴史の中では徳川御用達商を務め、西郷隆盛もよくスイカを買いに来たという逸話が残っています。
(左)初代・大島弁蔵が店を構えた江戸・葺屋町の親父橋のたもとの様子。「疋」の字を丸で囲んだ丸疋マークが暖簾に描かれ、店内にはたくさんの果物が並んでいます。


一番上へ