トップ > ワイン > 千疋屋総本店 紅白ワイン・シャンパン3本詰合

千疋屋総本店 紅白ワイン・シャンパン3本詰合

千疋屋総本店 紅白ワイン・シャンパン3本詰合

画像はイメージです。

クリスマスの贈り物や年末年始のご自宅用に紅白ワインとシャンパンをセットにお詰めしました。
※ヴィンテージは指定できません
※北海道のお届けの際はクール便にてお手配致します。


  ご購入前に必ずご確認ください
未成年者の飲酒は法律で禁止されています。未成年者への酒類の販売は致しません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。
 

商品番号:
0070-108x
価格:
11,957 円(税込)
ショップポイント:
108pt
数量:
個 
かごに入れる

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • クラインザルゼ ヴィンヤード セレクション シュナン・ブラン


    フランス・ロワール地方原産の白ブドウとして知られるシュナン・ブランですが、こちらは 近年、優良ワイン産地として益々評価の高まる南アフリカで産出されるもの。メロンや桃の香りが 心地よく、ミネラル感を伴う引き締まった上品な味わいが魅力の辛口白ワイン。
    ガイドブックの最高権威 【プラッターズ・ワイン・ガイド 2021】で、『トップ・パフォーミング・ ワイナリー・オブ・ザ・イヤー』 にも選ばれた名うての生産者が手掛ける注目の白ワイン。
  • 千疋屋倶楽部ワイン


    千疋屋が自信をもってセレクトしたオリジナルワインです。山形県上山市のタケダワイナリーが 蔵王山麓で栽培される上質のぶどうを用いて造る自慢の赤ワイン。日本固有の品種マスカット ベリーAとヨーロッパの高級赤ワイン用ぶどう品種として名高いカベルネソーヴィニヨンを半々 使用してバラスの取れたうまみたっぷりの赤ワインに仕立てられています。プルーンなどの 黒系果実のドライフルーツにもとてもよく合います。
  • アサイー キュヴェ レゼルヴェ ブリュット ブラン ド ブラン(ハーフボトル)


    上質な白ぶどうシャルドネのみを用いて仕立てられるワンランク上の高品質シャンパーニュ。 ブラン ド ブランならではのミネラル感漂う品の良さがあり、少し香ばしい焼きリンゴやバターの 風味が印象的です。職人が手間暇かけたクラシカルな製法からくる味わい深さときめ細やかな 泡立ちが質の高さを感じさせます。
商品詳細
ご購入前に必ずご確認ください
未成年者の飲酒は法律で禁止されています。未成年者への酒類の販売は致しません。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。

千疋屋総本店 ワイン・シャンパン詰合せ (白ワイン・赤ワイン・シャンパン)
・アサイー キュヴェ レゼルヴェ ブリュット ブラン ド ブラン(ハーフボトル) 1本
・千疋屋倶楽部ワイン 1本
・クラインザルゼ ヴィンヤード セレクション シュナン・ブラン

■化粧箱
■箱サイズ 約 28.5x 37x h11cm
■重さ 約 4000g
 
商品名 千疋屋総本店 ワイン・シャンパン詰合せ (白ワイン・赤ワイン・シャンパン)
内容量 アサイー キュヴェ レゼルヴェ ブリュット ブラン ド ブラン(ハーフボトル)1本(375ml)
千疋屋倶楽部ワイン 1本(750ml)
クラインザルゼ ヴィンヤード セレクション シュナン・ブラン1本(750ml)
保存方法 常温保存
直射日光・高温多湿を避けて保存して下さい。
その他 商品内容変更不可
開封後は早めにお召し上がり下さい。
商品画像はイメージです。
パッケージは予告なく変更となる場合がございます。
販売者 東京都中央区日本橋室町2-4-1
株式会社千疋屋総本店
輸入者 アサイー キュヴェ レゼルヴェ ブリュット ブラン ド ブラン
クラインザルゼ ヴィンヤード セレクション シュナン・ブラン
株式会社ラフィネ
東京都世田谷区三軒茶屋2-13-20 グランドメゾン三軒茶屋505
製造者 千疋屋倶楽部ワイン
有限会社タケダワイナリー
山形県上山市四ツ谷二丁目6番1号

この商品についてのお客様レビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

この商品をご覧の方へのおすすめ

お手紙・メッセージについて

1834年(天保5年)、武蔵国埼玉郡千疋の郷(現・埼玉県越谷市)の侍であった初代・大島弁蔵が江戸・葺屋町(現・日本橋人形町3丁目)に「水菓子安うり処」の看板を掲げ、果物と野菜類を商う店を構えました。
天候不順や飢餓で厳しい時代の中、創業者の「人々の生活を心から豊かにしていきたい。江戸の人々に果物で喜んでいただきたい」という想いから千疋屋総本店の歩みは始まりました。
1867年(慶応3年)には日本橋本町(室町)に店を移し、日本初の果物専門店に。
長い歴史の中では徳川御用達商を務め、西郷隆盛もよくスイカを買いに来たという逸話が残っています。
(左)初代・大島弁蔵が店を構えた江戸・葺屋町の親父橋のたもとの様子。「疋」の字を丸で囲んだ丸疋マークが暖簾に描かれ、店内にはたくさんの果物が並んでいます。


一番上へ