トップ > 果物詰合 > 天草詰合 6個入 

天草詰合 6個入 

天草詰合 6個入  天草詰合 6個入 
天草詰合 6個入  天草詰合 6個入 

画像はイメージです。

1982年に農林水産省果樹試験場口之津支場で育成された「清見オレンジ×興津早生(温州)」と「ページ(タンゼリン タンゼロ)」 の交配種(タンゴール)です。
オレンジとミカンの交配種=タンゴールの一種となることから、「天草オレンジ」又は「天草みかん」などとも呼ばれています。 可愛らしいコロコロとした見た目と大きさに対してずっしりとした重みを感じます。美しい赤橙色の果皮、ジューシーで香り高い果肉はとてもやわらか。酸味が少なくとろけるような食感です。 種がほとんど無く、じょうのう膜は薄く苦味はありませんが、 皮が剥きにくく果汁が豊富なため、ナイフで半分に切ってから何等分かに串切りにしてお召し上がりください。


※お届け期間:12月10日頃まで
12月11日以降のお日にちで、お届け日指定を承ることはできません。

お届け希望日をご指定の場合はご注意下さい。
(詳しくはお問い合わせ下さい)

※公式オンラインストア限定・送料無料商品でございます。
店頭でのご購入の場合、商品代金が異なる場合がございます。また、配送には別途配送料がかかります。
なお、他百貨店オンラインストアのご注文は個人情報保護の都合上、一切共有しておりません。公式オンラインストア窓口ではお答え致しかねます。各店舗、各ご注文先にお問い合わせ下さい。
送料別商品を同時購入のご注文は、1梱包でお届け可能な場合でも、送料別商品に対して別途送料が発生致します。

※ご用途がお歳暮でお届け日の指定がない場合は、12月1日以降のお届けにてお手配致します。

※内容の変更、品種や産地の指定はお受け出来ません。

※お届けは東京より翌々日配達地域までに限ります。
品質の保証が致しかねるため、離島などお届けに日にちがかかる地域はお断りする場合もございます。
また、地域によっては時間帯の指定が出来ない場合もございます。予めご了承ください。

サイズ改定のお知らせ
オンラインストアでは冬の厳選ギフトカタログ(2020-2021)掲載の天草より大きいサイズとなるため価格がカタログ表記より異なります。
何卒諸般の事情をご賢察の上、ご了承賜りますようお願い申し上げます。

 

商品番号:
0591-77x
価格:
8,316 円(税込)
ショップポイント:
77pt
数量:
個 
■お届け期間
かごに入れる

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
商品詳細
天草詰合
  • ■化粧箱入
  • ■箱サイズ 約 31 x 23 x 11cm
  • ※箱のサイズ、デザインは予告なく変更になる場合がございます。
商品名 天草
名称 果物
産地 熊本
内容量 6個
賞味期限 到着後、早めにお召し上がり下さい。
保存方法 常温保存
その他 ※お届けは東京より翌々日配達地域までに限ります。
品質の保証が致しかねるため、離島などお届けに日にちがかかる地域はお断りすることもございます。
・商品画像はイメージです。
・内容、品種、産地のご指定は出来ません。
販売者 東京都中央区日本橋室町2-4-1
株式会社千疋屋総本店

この商品についてのお客様レビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

この商品をご覧の方へのおすすめ

果物単品

蜜柑詰合 SまたはMサイズ 5kg

蜜柑詰合 SまたはMサイズ 5kg

16,200円(税込)

紫苑(ぶどう) 1房 桐箱入

紫苑(ぶどう) 1房 桐箱入

8,640円(税込)

ふじりんご詰合 5個入

ふじりんご詰合 5個入

8,640円(税込)

ラ フランス詰合 8個入

ラ フランス詰合 8個入

10,908円(税込)

マスクメロン、ラ フランス詰合

マスクメロン、ラ フランス詰合

18,792円(税込)

ラ フランスジュース、ラ フランス詰合

ラ フランスジュース、ラ フランス詰合

7,344円(税込)

ラ フランス、富有柿詰合

ラ フランス、富有柿詰合

8,964円(税込)

富有柿詰合 6個入

富有柿詰合 6個入

10,260円(税込)

お手紙・メッセージについて

1834年(天保5年)、武蔵国埼玉郡千疋の郷(現・埼玉県越谷市)の侍であった初代・大島弁蔵が江戸・葺屋町(現・日本橋人形町3丁目)に「水菓子安うり処」の看板を掲げ、果物と野菜類を商う店を構えました。
天候不順や飢餓で厳しい時代の中、創業者の「人々の生活を心から豊かにしていきたい。江戸の人々に果物で喜んでいただきたい」という想いから千疋屋総本店の歩みは始まりました。
1867年(慶応3年)には日本橋本町(室町)に店を移し、日本初の果物専門店に。
長い歴史の中では徳川御用達商を務め、西郷隆盛もよくスイカを買いに来たという逸話が残っています。
(左)初代・大島弁蔵が店を構えた江戸・葺屋町の親父橋のたもとの様子。「疋」の字を丸で囲んだ丸疋マークが暖簾に描かれ、店内にはたくさんの果物が並んでいます。


一番上へ