トップ > 果物詰合 > フルーツサラダ詰合 (アボカド・オレンジ・キウイ・レモン・ドレッシング)

フルーツサラダ詰合 (アボカド・オレンジ・キウイ・レモン・ドレッシング)

フルーツサラダ詰合 (アボカド・オレンジ・キウイ・レモン・ドレッシング) フルーツサラダ詰合 (アボカド・オレンジ・キウイ・レモン・ドレッシング)
フルーツサラダ詰合 (アボカド・オレンジ・キウイ・レモン・ドレッシング) フルーツサラダ詰合 (アボカド・オレンジ・キウイ・レモン・ドレッシング)

画像はイメージです。

千疋屋のアボカドを食べてから、すっかりアボカド好きになりました…という方のリクエストにお応えして、サラダにぴったりな詰合せをご用意致しました。特に当店オリジナルのシトラスドレッシングとの相性は抜群です。
※レモンはキウイに変更可能です。ご希望の場合は備考欄にご記入下さい。(ドレッシングとアボカドは変更出来ません。)
 
●アボカド
熱帯アメリカ原産、表皮の様子から「アリゲーターペアー(鰐梨)」とも呼ばれます。なめらかな舌触りに加え栄養価も高く、古代から愛されてきました。中心にある種を避けて縦に一周ナイフを入れ、手でひねると二つに割ることができます。常温で保存し、果皮が黒褐色になり、手のひらで軽く握って柔らかさを感じたら食べ頃です。

●ネーブルオレンジ
ブラジル原産の鮮やかな橙色の果皮に包まれた優美な果物です。ネーブルとは英語の「へそ」という意味で、果頂の形からこの名前が付きました。濃厚な甘味と香り、あふれる果汁は柑橘類のクイーンです。

●キウイフルーツ
原産地が中国・揚子江沿岸であることから、「チャイニーズグーズベリー」とも呼ばれます。野生の「マタタビ」や「サルナシ」の仲間をニュージーランドで改良、育成したもので、ニュージーランドだけに生息する国鳥「キウイ」の姿に似ていることから「キウイフルーツ」と呼ばれるようになったといわれています。

●レモン
原産地はインド・ヒマラヤ地方で、日本に伝わったのは明治の初期です。強い酸味とさわやかな香りは世界中で広く利用され、飲料や料理、菓子などに欠かせません。

●シトラスドレッシング
千疋屋のレストラン「デーメテール」にて大変ご好評を頂いております「シトラスドレッシング」。グレープフルーツならではの酸味と甘みとほろ苦さを、なんとか新鮮な野菜に合わせることはできないものか?とのコンセプトで生まれました。特にグレープフルーツならではの、やさしい酸味はいつの時代にも好まれております。

商品番号:
0274-27x
価格:
2,916 円(税込)
ショップポイント:
27pt
数量:
個 
■内容
かごに入れる

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
商品詳細
アボカド、オレンジ、キウイ、レモン 各1個
シトラスドレッシング 1本(200ml入)
  • ■化粧箱入
商品名 フルーツサラダ詰合(アボカド・オレンジ・キウイ・レモン・ドレッシング)
名称 果物、シトラスドレッシング(乳化液状ドレッシング)
原材料 [シトラスドレッシング]
食用植物油脂、醸造酢、グレープフルーツ果汁、食塩、砂糖、卵黄、香辛料、調味料(アミノ酸等)、(原材料の一部にりんごを含む)
内容量 アボカド、オレンジ、キウイ、レモン 各1個
シトラスドレッシング 1本(200ml入)
賞味期限 到着後、 早めにお召し上がりください。(追熟が必要な果物もございます)
シトラスドレッシング:製造日より約180日
保存方法 常温保存
[シトラスドレッシング]
開栓前は直射日光・高温多湿を避けて保存。
開栓後は冷蔵庫に保管し、なるべく早めにお召し上がり下さい。
その他 ※レモンはキウイに変更可能です。ご希望の場合は備考欄にご記入下さい。
(ドレッシングとアボカドは変更出来ません。)

・入荷状況によって内容が変更になる場合がございます。
・市場のお休みをはさむ場合はお手配にお時間を頂戴致します。
・商品画像はイメージです。
・箱サイズ・パッケージは予告なく変わることがございます。
販売者 東京都中央区日本橋室町2-4-1
株式会社千疋屋総本店

この商品についてのお客様レビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

この商品をご覧の方へのおすすめ

お手紙・メッセージについて

1834年(天保5年)、武蔵国埼玉郡千疋の郷(現・埼玉県越谷市)の侍であった初代・大島弁蔵が江戸・葺屋町(現・日本橋人形町3丁目)に「水菓子安うり処」の看板を掲げ、果物と野菜類を商う店を構えました。
天候不順や飢餓で厳しい時代の中、創業者の「人々の生活を心から豊かにしていきたい。江戸の人々に果物で喜んでいただきたい」という想いから千疋屋総本店の歩みは始まりました。
1867年(慶応3年)には日本橋本町(室町)に店を移し、日本初の果物専門店に。
長い歴史の中では徳川御用達商を務め、西郷隆盛もよくスイカを買いに来たという逸話が残っています。
(左)初代・大島弁蔵が店を構えた江戸・葺屋町の親父橋のたもとの様子。「疋」の字を丸で囲んだ丸疋マークが暖簾に描かれ、店内にはたくさんの果物が並んでいます。


一番上へ