トップ > すべての商品 > ピュアフルーツジェリー 14個入 (千疋屋のゼリー)

ピュアフルーツジェリー 14個入 (千疋屋のゼリー)

ピュアフルーツジェリー 14個入 (千疋屋のゼリー) ピュアフルーツジェリー 14個入 (千疋屋のゼリー) ピュアフルーツジェリー 14個入 (千疋屋のゼリー)
ピュアフルーツジェリー 14個入 (千疋屋のゼリー) ピュアフルーツジェリー 14個入 (千疋屋のゼリー) ピュアフルーツジェリー 14個入 (千疋屋のゼリー)

画像はイメージです。


国内産の熟した果肉をおおぶりにカットし、キラキラと光るゼリーに閉じ込めました。 「白桃」は芳醇な香りを活かしながら、洋梨の女王「ラ・フランス」は滑らかな舌ざわりを存分に、「さくらんぼ」は酸味と甘みのバランスを大切に、「ピオーネ」はコクのある贅沢な味わいを、「伊予柑」はジューシーな果肉をそのままに。それぞれ素材の個性を生かし仕上げています。 美しい果肉が宝石のように輝くロングセラーのゼリーです。

商品番号:
0581-50x
価格:
5,400 円(税込)
ショップポイント:
50pt
数量:
個 
かごに入れる

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
商品詳細
ピュアフルーツジェリー 14個
  • ■化粧箱入
  • ■箱サイズ 約 36 x 33 x h5cm
  • ■重さ   約 2085g
商品名 ピュアフルーツジェリー 14個入
名称 洋生菓子
原材料 白桃ジェリー:白桃シロップづけ(白桃(国産)砂糖)、砂糖、もも濃縮果汁 / ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料、pH調整剤、香料、(一部にももを含む)
ラ・フランスジェリー:洋なしシロップづけ(ラ・フランス(国産)、砂糖)、砂糖、洋なし濃縮果汁 / ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料、香料、pH調整剤
さくらんぼジェリー:砂糖(国内製造)、さくらんぼシロップづけ(さくらんぼ(国産)、砂糖、ぶどう糖)、チェリー濃縮果汁、レモン濃縮果汁 / ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料、pH調整剤、香料、ラック色素 伊予柑ジェリー:伊予柑シロップづけ(伊予柑(国産)、砂糖)、砂糖、オレンジ濃縮果汁 / ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料、pH調整剤、香料、(一部にオレンジを含む)
ピオーネジェリー:ぶどうシロップづけ(ピオーネ(国産)、砂糖)、砂糖、グレープ濃縮果汁 / ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料、pH調整剤、香料
りんごジェリー:りんごシロップづけ(りんご(国産)、砂糖、ぶどう糖)、砂糖、りんご濃縮果汁 / ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料、pH調整剤、香料、(一部にりんごを含む)
内容量 白桃ジェリー3個、ラ・フランスジェリー2個、さくらんぼジェリー2個、伊予柑ジェリー2個、ピオーネジェリー3個、りんごジェリー2個(各106g)
賞味期限 製造日から約180日
※製造の都合上、お届けのお品は表記より短くなります。予めご了承ください。 また、種類によって製造日が異なるため、賞味期限に開きが生じる場合がございます。 お受け取り後は早めにご利用ください。
保存方法 常温保存
直射日光・高温多湿を避けて涼しいところで保存して下さい。
開封後は早めにお召し上がり下さい。
その他 本品製造工場では乳、卵、小麦を含む製品を製造しています。
商品内容変更不可。
商品画像はイメージです。
箱サイズ・パッケージは予告なく変更となる場合がございます。
販売者 東京都中央区日本橋室町2-4-1
株式会社千疋屋総本店
製造者 フタバ食品株式会社
栃木県宇都宮市下栗町1563
栄養成分表示 1個(106g)当り 推定値
種類 エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食塩相当量
白桃 80kcal 0.2g 0g 19.8g 0.08g
ラ・フランス 83kcal 0g 0g 20.8g 0.08g
さくらんぼ 80kcal 0.1g 0.1g 19.6g 0.08g
伊予柑 85kcal 0.1g 0.1g 20.8g 0.08g
ピオーネ 86kcal 0.2g 0.1g 21.1g 0.07g
りんご 84kcal 0g 0g 20.9g 0.07g

この商品についてのお客様レビュー

入力された顧客評価がありません。

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

この商品をご覧の方へのおすすめ

jelly_assort

フルーツケーキ・ピュアフルーツジェリー 詰合せ

フルーツケーキ・ピュアフルーツジェリー 詰合せ

3,024円(税込)

お手紙・メッセージについて

1834年(天保5年)、武蔵国埼玉郡千疋の郷(現・埼玉県越谷市)の侍であった初代・大島弁蔵が江戸・葺屋町(現・日本橋人形町3丁目)に「水菓子安うり処」の看板を掲げ、果物と野菜類を商う店を構えました。
天候不順や飢餓で厳しい時代の中、創業者の「人々の生活を心から豊かにしていきたい。江戸の人々に果物で喜んでいただきたい」という想いから千疋屋総本店の歩みは始まりました。
1867年(慶応3年)には日本橋本町(室町)に店を移し、日本初の果物専門店に。
長い歴史の中では徳川御用達商を務め、西郷隆盛もよくスイカを買いに来たという逸話が残っています。
(左)初代・大島弁蔵が店を構えた江戸・葺屋町の親父橋のたもとの様子。「疋」の字を丸で囲んだ丸疋マークが暖簾に描かれ、店内にはたくさんの果物が並んでいます。


一番上へ